テガミスト*Diary <紙飛行機ドットコム>

手紙好きの、自称*テガミストが書く『手紙のふりをした日記』です

本で旅する本屋さんめぐり

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

数日前に書いた「本のある場所」 という日記の中で「本の道しるべ」という本を買ったことを書きました。
その本を読むと、ますます、本のある場所へ旅したくなりました。

実際に旅に出かけることは難しいので、せめて本の中で旅をしよう。
そう思って、「本の道しるべ」の中で本屋案内をされている、和氣正幸さんの著書「日本の小さな本屋さん」を求めて本屋さんに行きました。

店内の旅行本のコーナーに行き、棚を眺めます。
うーん。見つからない。
でも、それとは別に面白そうな本を発見!

テガミスト*Diary

全国 大人になっても行きたいわたしの絵本めぐり」です。
この本も購入することを決め、再度、「日本の小さな本屋さん」を探します。

目を凝らしても、見つからないので、店内の検索機で探すことにしました。
検索結果では「在庫あり」とあります。
では、どこに?
えっ?旅行本の棚じゃない?
棚の番号を頼りに、指定された棚に行くと。
あらまあ「芸術書」の棚でした。

そして見つけたその本は、わたしが想像していたより大きな本で、とても立派なものでした。

テガミスト*Diary

てっきり、先ほど見つけた、絵本めぐりの本と同じような大きさだと思っていたのです。
思い込みはダメですねえ。

なるほど、なるほど。
きれいな写真がいっぱいの本です。
芸術書の棚にあるのが納得です。
こうして、本屋さんめぐりの本を3冊購入してきました。        

         

しばらく、本の中で本屋さんへ旅できます。
行ってきまーす!

 

        かしこ
     
   
-------------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです
「スタバプラス」はこちらです

 

 

布マスクの洗濯は石けんがおすすめ

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

近所のスーパーに、マスクのコーナーができました。
結構、広いスペースです。
おしゃれな布マスク、子供用、冬用、不織布と、さまざまな種類がありました。

先日、ショッピングモールに出かけたら、マスクの専門店がオープンしていました。
お店の中に、マスクのコーナーができるのは想定内だったけど、専門店までできるとは、ちょっとびっくり。

そんな話を、職場の同僚としていたとき、マスクの洗濯をどうしているかの話題になりました。
マスクについた、メイクの汚れ。
どうやったら、簡単にきれいに落ちるかしら。

すると「固形のせっけんで洗うときれいに落ちますよ」と言う意見が出たのです。
「洗濯用の固形せっけん?」と訊ねると、「いえいえ、手を洗う石けんでいいですよ」と言うじゃないですか。
ええっ?そうなの?
早速、試してみました。

あらまあ!ホントだわ!
今まで、普通の洗濯用洗剤やら、漂白剤やらで、ゴシゴシしてたのは、何だったのか。
ネットでも検索してみると、「石けんをおすすめ」という記事がたくさん出てきました。
天然生活のページはこちらです
もっと早く知りたかったわ。
これからは、石けんで洗おうと思います。
教えてくれた同僚に感謝です。

        かしこ        

       
-------------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです
「スタバプラス」はこちらです

 

 

クリスマスカラーのケーキを食べました

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

きのう、スタバに寄ったとき、スタッフさんが教えてくれました。
「明日、新メニューが出ますよ」って。
そう聞いたからには、その新メニューを初日に食べたくなるじゃないですか。
うふふふ。

いただいてきましたよー。
新メニューの「いちごのホワイトケーキ」です。
クリスマスっぽい、赤と白のケーキ。
いちごジャムを食べているかのように、たっぷりのストロベリーフィリングでした。

ごちそうさま!
「スタバプラス」はこちらです

    

       かしこ

       
-------------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです

 

 

五本指ソックスの効果

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

よく行く整骨院のスタッフさんは、いつも五本指のソックスを履いていらっしゃいます。
普通のソックスとの違いは何かと、訊ねてみました。

「もう、五本指ソックス歴が長すぎて、違いがわからないわ」
と言いながらも、きっかけは汗の吸収がいいと聞いて履き始めたと話してくれました。
「血行もよくなるらしいので、冷え性の方にはいいみたいですよ」と教えてくれます。

血行がよくなるのであれば、疲労にも効果あるかも。
最近、足が疲れることが多いので、試してみたくなり、五本指ソックスを購入してきました。
どれどれ、履いてみましょう。

あれ?おや?意外と大変じゃないですか。
手袋をはめるように、スッと指が入ると思ったのですが、足の指は手の指ほどに広がりません。
自分で、足の指を広げながら、ようやく履くことができた瞬間、違いがわかりました。
普通のソックスを履いたときより、指が広がって、足全体が地に着いた感じがします。
おおっ!これが五本指ソックスの効果なのですね。
これはいいかも!
わたしも五本指ソックスの愛用者になるかもしれません。

        かしこ

       
-------------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです
「スタバプラス」はこちらです

 

 

ファンタジー小説

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

-----------------------------------------------------
案山子が喋る・・・SFものなのか?
桜が撃つ、残酷な城山、案山子の殺人・・・ミステリーなのか?
現実にはない、仙台の沖にある荻島・・・非現実的なファンタジーものなのか?
------------------------------------------------------

わたしが初めて伊坂幸太郎さんの「オーデュボンの祈り」を読んだ時、このような感想を書いているのです。
紙飛行機文庫はこちらです
 ここで「ファンタジー」という言葉を使っていますね、わたし。
うふふふ。

伊坂幸太郎さんが「ファンタジー」についてインタビューを受けていらっしゃいます。
「小説新潮 2020年12月号」です。
今日は、そのインタビューを読みました。

「ファンタジー」って何?
わたしには、うまく説明ができないジャンルです。
何となく、ふわふわした感じ、というイメージを持っていました。
でも、このインタビューを読んで、ちょっとそのイメージが変わったかな。
『フィクションはすべてファンタジーかもしれない』です。

            かしこ


       
-------------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです
「スタバプラス」はこちらです

 

 

本のある場所

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

先日「本屋さんめぐりの旅に出たい」という日記を書きました。
その際、その記事にコメントをいただきました。
その中で、NHKの趣味どきっ!「こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ」という番組を教えてもらったのです。

時間の都合などで、その番組を見たことは無かったのですが、本屋さんで、その番組の本を見たことがありました。
面白そうだなと思いつつも、その本をまだ購入できていなかったので、昨日は、その本を買いに行ってきました。



本屋さんの楽しみ方も紹介されています。
ますます、本屋さんめぐりの旅に出たくなりましたよー。
また、私自身が本屋さんを経営することまでは考えられないけど、本屋さんのような部屋作りをしてみたいという思いも、ますます強くなりました。
本のある場所を見るたびに、わたしもこうしたい、ああしたいと思います。

このテキスト、まだ全部は読めていないので、これからじっくり読んで勉強させてもらいます。

         かしこ

       
-------------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです
「スタバプラス」はこちらです

 

 

受賞の言葉と映画のキャスティング

テガミスト*Diary

拝啓、あなた様

小説すばる2020年12月号」に、伊坂幸太郎さんの受賞の言葉が載っていると聞き、今日の午後は、本屋さんに行きました。

柴田錬三郎賞を受賞した「逆ソクラテス」です。
この小説の中に出てくる、磯憲先生のことをお話しされていました。
勉強以上に大事なことを教えてくれる先生との出会いは、小学生にとって、とても影響が大きいですね。

今日は、夕方にも伊坂さん情報が届きました。
映画好きの友達から、ラインがきたのです。
「伊坂さんの作品、すごいキャスティングです!!」とあります。

教えてくれた情報は、ハリウッド映画になる「マリアビートル」のことです。
ブラッド・ピットさんが主演ということですが、さらに、その映画にレディー・ガガさんも出演されるのだとか。
映画.conはこちらです
どの登場人物を演じてくださるのかしら?
どんな映画になるのか、とてもとても楽しみです。

         かしこ 

 

  

---------------------------------------

  紙飛行機ドットコム

-------------------------------------------

「紙飛行機レター」はこちらです
「365日 本棚のしおり」はこちらです
「スタバプラス」はこちらです