テガミスト*Diary <紙飛行機ドットコム>

手紙好きの、自称*テガミストが書く『手紙のふりをした日記』です

(11)伊坂幸太郎さん

大人の推理小説大賞

拝啓、あなた様文藝春秋さんが発行している小説誌「オール讀物」でおもしろい企画があるようです。「ミステリー通書店員が選ぶ 大人の推理小説大賞」です。先日、この第1回目の候補作5作品が発表されました。その中に、伊坂幸太郎さんの「777 トリプルセブン…

「時ひらく」の写真撮影

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんの「Have a nice day!」が収録されている、アンソロジー「時ひらく」です。今日は、記念撮影をしました。 部屋のインテリアスペース問題ですが。狭い部屋の中の、こんな狭いスペースをわたしのお城にしようかと考えています。 …

包装紙と表紙

拝啓、あなた様雪の影響で、発売予定日に本屋さんに並ぶことがなかった、アンソロジー「時ひらく」ですが、今日は手に入れることができました。 この本の表紙は、三越の包装紙「華ひらく」を使っているのだそうです。「華ひらく」包装紙は1950年に猪熊弦一郎…

雪の影響

拝啓、あなた様三越デパートを題材にしたアンソロジー「時ひらく」は2月6日が発売日とあります。伊坂幸太郎さんの「Have a nice day!」が収録された本です。発売日を心待ちにしていました。仕事帰りの夕方、本屋さんに立ち寄り、文庫新刊コーナーへ行きまし…

伊坂幸太郎さんのクロスオーバーについて

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんの公式サイト内にあるコラムを読みました。「登場人物のクロスオーバーについて」というタイトルです。伊坂さんの小説では、作品に跨って登場する人物がいる、という事について書いてくださっています。わたしは今まで、この趣…

「アイネクライネナハトムジーク」限定カバーです

拝啓、あなた様行ってきました、未来屋書店さんへ!まずは、電話で在庫の確認をさせてもらって、「あります」とのお返事をいただいたので、取り置きをお願いして、ウキウキと出かけてきました。 ついに伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」限定…

限定カバーを求めてお出かけ計画を立てます

拝啓、あなた様きのうの日記に書いた、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」の限定カバーの話の続きです。どうやら、わたしが勘違いしていたようです。このカバーは、未来屋書店さん限定なのだとか。どうりで、どの書店に行っても見当たらない…

冬限定カバーがかわいいのです

拝啓、あなた様わたしの愛読書、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」について、ネットに、たのもしい情報が出ていました。この冬限定のカバーが出たそうなのです。とってもかわいいイラストです。ぜひぜひ手に入れたい!と思っているのですが…

本のコレクションページを作りました

拝啓、あなた様ギリギリになってしまいました。懸案だった、アマゾンの画像リンク廃止問題です。ひとまず画像リンクはすべて削除して、一段落していました。でも、本の表紙画像が全く無くなってしまうのは、ページが寂しくなるので、何かいいアイデアがない…

伊坂幸太郎さんグッズが届きました

拝啓、あなた様 大人のわたしにもサンタさんが来てくれました。9月に申し込んでいた、伊坂幸太郎さんの「777 トリプルセブン」オリジナルグッズのコンプリートセットが、クリスマスに合わせたかのように、きのうの夜、届いたのです。わーい!わーい!コーヒ…

伊坂幸太郎さんと三越とライオン

拝啓、あなた様新聞の紙面広告に文藝春秋の「オール讀物」が載っていました。そこに伊坂幸太郎さんのお名前を発見!「Have a nice day!」が掲載されているとあるじゃないですか。それって、2月に発売になるアンソロジー「時ひらく」に収録される作品ですよ…

仙台のタウン雑誌「S-Style」が届きました

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんのインタビューが載っていると知り、仙台のタウン雑誌「S-Style」をネットで注文しました。今日は、その雑誌が届きましたよー。 s-style.machico.mu 以前にも、伊坂さんつながりで、この雑誌を購入したことがあります。その度に…

エッセイ「コーヒー豆の話」を読みました

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんのエッセーが載っています。「小説 野性時代 特別編集 2023年冬号」を買いました。 www.kadokawa.co.jp 伊坂さんのエッセイ「コーヒー豆の話」です。くすくすっと笑えるお話でした。「777 トリプルセブン」刊行記念オリジナルグ…

インタビュー「オール讀物」11月号

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんのインタビューが載っていると知り、雑誌「オール讀物」を買ってきました。『Book Tolk』のページに『777 トリプルセブン』についてのインタビューが載っていました。『マリアビートル』が原作の映画「ブレット・トレイン」及び…

「777 トリプルセブン」のポストカード

拝啓、あなた様わたしにとってのルーティンというか、決まり事とでもいうのでしょうか。伊坂幸太郎さんの新刊が出ると、いつも同じ手順を踏んでいます。 1.新刊買う 2.読む(3~5回) 3.好きな言葉のポストカードを作る 4.感想やあらすじをブログにアップす…

ミステリーの日に伊坂幸太郎さんの本をおススメしたい

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんのインタビューが読みたくて、雑誌「ダ・ヴィンチ」を買ってきました。---------------------------------------------------------「令和版 解体全書」 第6回 伊坂幸太郎 第一線で活躍する作家の方々がどのように”作家”となっ…

伊坂幸太郎さん<リンゴはリンゴになればいい>

拝啓、あなた様わたしの今年の読書の秋は、うれしいことに伊坂幸太郎さんの新刊から始まりました。9月21日に発売になった「777 トリプルセブン」です。購入してから4回ほど読みました。読み返すごとに、伏線が見つかり驚きます。あっ、こんなところにこんな…

伊坂幸太郎さんの新刊発売と刊行記念オリジナルグッズ

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんの「777 トリプルセブン」の発売日がやってきました。きのうは、朝からソワソワしていました。本屋さんで買い求め、今、丁寧に読み進めているところです。最初のページに登場する人物の名前がユニークで、伊坂さんらしさにすで…

旅のおとも本を選書中です

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんの新刊「777 トリプルセブン」の表紙が公開されました。内容も少し紹介されています。早く七尾くんに会いたいなあ。今月は、日帰りではあるけれど、新幹線に乗って遠出をする予定があります。ちょうど9月には伊坂幸太郎さんの新…

夏は花火「ゴールデンスランバー」を読みます

拝啓、あなた様各地で花火大会がにぎわっています。夏は花火ですね。わたしは、もっぱら、ネットのライブ中継を楽しませてもらっています。夜空に咲く大輪は見事です。ところで、花火と言えば何を思い出すでしょうか。わたしは、伊坂幸太郎さんの「ゴールデ…

ポケモンのエンディング曲が早口言葉で歌えません

拝啓、あなた様アニメの歌が早口言葉になっていて、びっくりです。孫が「ポケモンごっこ」をしようと言うのでつきあいました。そこで初めてポケモンのキャラクター名を聞かされたのですが、それすらなかなか覚えきれません。そこへ、孫が歌を歌い出したので…

伊坂幸太郎さんの新刊「777 トリプルセブン」

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんの新刊情報です。KADOKAWAさんより、タイトルが「777 トリプルセブン」という、殺し屋シリーズの作品が2023年9月21日に発売されるらしいです。KADOKAWA「777 トリプルセブン」のページはこちら タイトルの「777」に合わせて、き…

伊坂幸太郎さんの新刊情報

拝啓、あなた様「伊坂幸太郎トピックス」様のツイッターで、うれしい伊坂さん情報が発信されていました。新刊の情報です。2023年9月に、伊坂さんの新刊が発売になるんですって!タイトルは「777 トリプルセブン」で、KADOKAWAさんから出版されます。KADOKAWA…

文庫本「逆ソクラテス」発売です

拝啓、あなた様伊坂幸太郎さんの「逆ソクラテス」文庫本が発売されました。 文庫本の楽しみのひとつ。単行本にはない、あとがきや解説を読めること。なので、文庫本を購入後、まずはページを最後までめくって、あとがきの部分を確認しました。この文庫本には…

小学生と言えば「逆ソクラテス」です

拝啓、あなた様わたしの朝の通勤時間帯は、小学生の通学時間と重なります。その小学生のランドセルがにぎやかで、見入ってしまいます。いろんな色や模様があって、それぞれが個性的ですね。入学前のランドセル選びも楽しいだろうなあ。小学生と言えば「逆ソ…

伊坂幸太郎さんファンの小説家志望

拝啓、あなた様えっ、そんなドラマがあるの?それは絶対に見たい!主人公は、伊坂幸太郎さんファンの小説家志望の女性という設定です。タイトルは「バイバイ、マイフレンド」です。 関東ローカルの深夜ドラマということで、わたしは見ることができない?と思…

全面帯バージョンの「シーソーモンスター」

拝啓、あなた様ゴールデンウィークも最終日です。あなた様はいかがお過ごしでしたでしょうか。わたしは、小さなお出かけと大きな洗濯物で過ごした連休でした。さほど遠いわけでもなく、いつでも行けそうなんだけど、なかなか行けずにいた数か所に行くことが…

テンションが上がること

拝啓、あなた様書店や出版社を舞台にした小説が多い、大崎梢さんの作品が好きです。今回は、高校の図書館が舞台となった小説「27000冊ガーデン」を読みました。主人公は、その図書館で働く司書さんです。 この小説の中には、実在の作家さんや、その作品が多…

本と旅とホテル

拝啓、あなた様雑誌「CREA」のwebページに、本の町「神保町」のブックホテルの記事が載っているのを見ました。どんな本が置いてあるのかしら。その記事にある写真を順番にながめていました。おっ、伊坂幸太郎さんの「AX」がある!もしかしたら、もっと他にも…

猫のトム

拝啓、あなた様2月22日。数字の「2」が並ぶ日ですね。猫の日です。猫と言えば、伊坂幸太郎さんの「夜の国のクーパー」です。 しゃべる猫のトムが登場します。にゃん・にゃん・にゃん! かしこ ------------------------------------------- 紙飛行機ドットコ…